病院や介護施設で必要になる身元保証について

subpage01

身元保証人には一般的な保証人とは異なった責任がのしかかるために、家族や親族の方になってもらうのが当たり前です。

身元保証に対する期待が寄せられています。

しかし、家族や親族がいない独り身の方には頼れる方がいないのも現状となっています。現在の病院や介護施設では9割以上において身元保証を必要としており、もしいない場合には入院や入所を認めてくれない場合が多いのも確かです。


その理由として病院や介護施設では、治療費や入院費にかかる料金の支払いが遅れた場合の請求先や、手術や治療が必要なときの同意書の作成、介護方針の変更、行政手続き、亡くなったときの遺体引き取りなどがあるためです。

そのため、場合によっては常に連絡が取れる身内で2人以上の身元保証を求める場合もあります。



この身元保証を必要とした際に頼める方がいない場合には、代行会社を使ってサービスを受ける方法があります。

現在の代行会社は病院や介護施設などで身元保証を必要とする手続きをすべて引き受けてくれ、時には手術や入退院時、外出時の付き添いまでも行い、買い物の同行や墓参り、話し相手までも引き受けてくれる会社があるのも事実です。



この代行会社は全国各地でサービス提供しており、費用についても60万円から150万円程度で引き受けてくれます。

また、亡くなったときの葬儀や納骨、遺品整理も依頼できる会社が多くあり、死亡届の掲出や年金・保険等の手続き、医療費や施設利用費、家賃等の清算まで行われているため、安心して依頼できるに違いありません。