身元保証人になるとはどういうことか

subpage01

会社に就職するときなどに、身元保証が必要であると言われることがよくあります。

身元保証について詳しく書かれています。

例えば自分が就職する際に身元保証人の欄に父親に名前を書いて貰ったとします。


すると仕事をしていく中で自分がミスをしたり使いこみをした結果会社に損害を負わせるようなことになったら、身元保証人にその損害を埋めてもらうように会社は先に約束させておくのです。


ですからこの場合、自分が会社に約500万円の損害を与えて逃げたとすれば、会社から父親に500万円の請求がいくということです。


しかしこれには様々な救済処置がありますので、一概に与えた損害の全額を身元保証人に請求するわけではありません。



そもそも契約の存続期間は原則として3年ですし、期間を予め決めている場合であっても最長で5年となります。


また、使用者の通知義務というものがあり、保証をした人が何かやらかしそうだという事が判った場合には会社は速やかにそれを通知しなくてはなりません。

この時に引き受けた保証人の契約を将来に向けて解除することも可能です。

このように行った人物の代わりに全ての損害を身元保証人が請け負うわけではなく、裁判によって責任の軽減が図られます。



それでも引き受けたからには責任が全くないというわけでもありません。


もしもこのようなことを頼まれた時には、その人と自分の関係をよく考え、万が一の時自分が身代わりになれるかどうかをしっかりと考えた上で引き受けるかどうかを決めましょう。